Skip to content →

おいわけメロン

『おいわけメロン』は、生産技術が大変難しく生産量も少ないことから「幻のメロン」と言われています。一般的なメロンは、気温が高くなると糖度が下がりますが、この『おいわけメロン』はどんなに高い気温でも一定の高い糖度を保ちます。そして、皮が2、3ミリほどとたいへん薄く、また種が少なく空洞の部分も少ないため、メロンを切ると果肉がびっしり詰まっています。